こぼればなし その二




阿武松と稲妻の大関決戦


不知火と剣山の大関決戦
文政11年(1828)共に横綱免許を受けた大関同士の取組は、天保6年(1835)阿武松が引退するまで、江戸中の人気を呼んだ。(第2巻参照) 天保13年(1842)から、同15年不知火が引退するまで、僅か4場所であったが、東西の大関同士として相撃った。(第3巻参照)


ホームページへ [ホームページに戻る。]


last update [an error occurred while processing this directive]
copyright 1997 keicho.Ltd. Allright.reserved.