こぼれ話 (その一 第一例)

第一例、稲川を描いた版木を、後年境川の絵に活用したもの。
稲川政之助
境川浪右エ門
稲川政之助 (最高位関脇)

天保7年(1836)春場所入幕し、嘉永4年(1851)冬場所限り引退。 化粧廻しの図柄「角輪繋ぎ」は、丸亀藩京極侯お抱えの印。
境川浪右エ門 (最高位大関)

嘉永3年(1850)春場所入幕し、文久元年(1861)冬場所限り引退。 横綱免許の雲龍の好敵手で、大関時代は寧ろ境川が優っていたのに、何故か 境川には横綱の免許がなかった。


こぼれ話 その一へ
[こぼれ話 その一に戻る。]
第二例 へ


last update [an error occurred while processing this directive]
copyright 1997 keicho.Ltd. Allright.reserved.