こぼれ話

団扇絵 蛙の角力  国周 筆


 この絵が団扇用に描いた絵であることは、四隅の丸みなどによってすぐわかる。せっかく摺った絵なのに、なぜか団扇の竹の骨に張られることなく、後世に残ってしまった。団扇に使われていれば、とっくに消滅してしまったであろうに、使われなかったばかりに今日まで生き残り、希少価値の認められる錦絵に出世したわけだ。


ホームページへ
[ホームページに戻る]


last update [an error occurred while processing this directive]
corpyright 1997 keicho.ltd Allright.reserved