風 俗

大相撲支度部屋之図

香蝶楼国貞 画

天保4年(1833)春場所の東方の支度部屋の模様を描いている。長州藩お抱えの大関阿武松が横綱を締めさせ、太刀持と露払をつとめる小柳と黒岩が、長州藩の印「亀甲繋ぎ」の化粧廻を締め、横綱土俵入の準備をしているところ。



[ホームページに戻る。]


last update [an error occurred while processing this directive]
copyright 1996 keicho.ltd. Allright.reserved.