土俵入

勧進大相撲興行之全図

香蝶楼国貞 画

この絵は正面から土俵を観たもので、右側は東方幕内力士が土俵入を終って、幕尻の鳥井崎を先頭に引き揚げるところ。左側は西方幕内力士が、幕尻の待乳山を先頭に土俵に上がって来るところを描き、東西の幕内全力士を紹介する図柄になっている。 左右の両端に横綱を締めた、東西の大関阿武松と稲妻が別格で控えている。 文政12年(1829)春場所の顔触れ。



[ホームページに戻る。]


last update [an error occurred while processing this directive]
copyright 1996 keicho.ltd. Allright.reserved.